ベルリンのコロナ対策

幼稚園と学校状況


いちおう4月20日から学校幼稚園開始の予定だったのですが、、、。
予想通り 遅れ、学校は5月4日(多分ね)
幼稚園は8月1日(これもまた多分ね)までお休みになりました。

学校行かない子供達は、
長男は、スマホで課題。
長女は、プログラミングとコロナについてのプレゼンの宿題。
次女は、退屈という友達と工夫して遊んだり。

フランスは、ズームで授業をしてるみたいで
ドイツよりも、進んでるみたい。
娘も課題提出に毎週月曜日に
学校に行ったりも始まったし。
(マスク、手袋、体温37度以上は登校禁止)

ただ、幼稚園は接触が高いので
新学期が9月だから
年長さんは行かずに終わり。

ドイツ対応が、はやっ!!だからこそ混乱も仕方なし?!


ベルリンは、1月に入った時点から
コロナ発生を想定して病院を空けるように
していたからか、病院は余裕がまだまだあるそうで。

ベルリンは感染者が1人だったときから、
その人に会っただけの人全員に
2週間自宅待機を命じた。

それが広まってきたなと感じて、すぐにロックダウン。
様々なイベントは早々にキャンセル、
収入の途絶えた人たちには、助成金をだしている。
が、早急に打ち出している制度だからか、
決まりが、あやふやな点があり混乱もよんでいる。

なので、私もどのラインが助成金でカバーできるか
聞いてみている。

Investitionsbank Berlin(ベルリンのです。)
http://ibb.de

子供手当の助成金(ベルリンのです。)
https://bit.ly/3bIwUyF

言ったって変わらない?!?


今回の8月までの幼稚園 休園も、
かなり両親がこの状況に声をあげてるようで
国が助成金を検討中。

今年の税金もかなり安くなると聞いた。
このまま国民が声を上げていけば
もっと色んな対策が出てくると思う。

そういえば
ドイツ人の義理のお母さんが
よく言ってたのが
昔は、今ほど助成金制度が
なかったから、両親が
声をあげて変えた
んだって。
私のおかげなんだと自慢げに
なんども説明してくれたな。

最近
日本にいる仲間も、
疑問や意見を行政に訴えたら
きちんと変わった
そうで。

何も言わなきゃ、
変わる確率0%。

でも何か言えば、

少なくても
変わる確率0、1%。

そしてそれが100人になると

変わる確率が100%になる。

まあ、これはザックリとした
計算だけど、

私一人なんて、、、と
自分を甘くみるのはもったいない。


この自粛の時に、

このままで
本当にいいのか?

自問自答して
変えられるところは
声をあげて変えていくと

災い転じて 福となす。

未来、この時をふり返って
あの時、わたしたちが頑張ったから
今がよくなったのよ!
と子供たちに説明できるように
地味に発信をし続けたいと思う。

お気軽にご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

はじめまして。 ベルリンに住むセラピストの涼子です。25年と約4万件の施術経験から、 独自の『ハイジセラピー』を生み出しました。 それは、『しあわせであること』を重視したセラピーです。  このブログに訪れていただいた方が、 さらに『しあわせ』になれることを目指して運営していきます。