外国語を話すときの恥ずかしい!の克服方法

『恥ずかしい』は克服できる!

日本人は、基本的にシャイだから『恥ずかしい』

多言語取得の大きな壁になりがち。

恥ずかしいからいいや。ってなるのも経験上よくわかります。

でも!ぺらぺらにならなくても、幼稚園児くらいの語学力が

あれば、ジェスチャーを入れながらも楽しめます。

幼稚園児レベルの語学力だからこその楽しみもあります。

だから、まずは3歳児の語学力を目指しましょう!

そうすると、『話せないことが当たり前』の自分設定に

なるので恥ずかしさはかなり減ると思います。

ぺらぺらに出来て当たり前!みんな話せるのに、、。

とか考えると、恥ずかしい前に、自分を恥じに感じてしまい

コンプレックスが増えるばかり。

生まれたての赤ちゃんがぺらぺら話したら怖いでしょ!?

そうおもって、胸張って堂々と、

話せない自分が当たり前のマインドになりましょう。

語学が出来る人は、特別な人じゃない。

いまぺらぺらな人も、最初は赤ちゃんレベルから始めてます。

語学は、人間が赤ちゃんから大人になるように、

特別な人しか話せないものではありません

大体似た道を通ってぺらぺらになっていくので、

わたしには無理だと言うのは完全に思い込み。

もちろん、時間がかかる人と速い人の差があるけど、

それも、人間の背が伸びる速さが違うのと同じ。

自分は遅いからダメだとか年だから出来ないというのはありません。

『やり続ければ必ず出来るようになる。』のが

語学のいいところだと思います。

目標がないと難易度があがる。

まあ、どの勉強でもそうだけど、

ただ勉強したって使わないなら上達しません。

わたしは、初めて行ったハワイ旅行で

恋に落ちたマークに、自分のこと何にも話せなかった

ショックからマークと国際結婚するぞ!と

英会話教室に行き始めました。

その最初の教師が、最初の夫になるのですが(笑)。

ちなみに、当時の私の英語力のなさが原因で

マークは今どこにいるかもわかりません(涙)。

とにかく目標はモチベーション維持のために

具体的にあったほうがいいです。

コンプレックスをぶち破れ!

日本人の英語コンプレックスの壁は大きい。

そりゃそうです。中学、高校と6年も英語を

勉強したのに話せないんだもん。落ち込みます。

でも!考えてみてください。

そもそも日本語って、ひらがな、カタカナ、漢字、 その上それがごちゃ混ぜになってる

スーパー大変言語なんです。

そう考えると、すでに3ヶ国語勉強してるようなものだと思いません?

それが大げさなら2ヶ国語としてもですよ。

みなさん出来てますよね?

だから、 勝手に語学が苦手だと思い込んでるだけだと 私は思うのです。

言語取得ってコツがあるので、

過去に自分のレベルに合わないものや

やり方をしてしまったりして挫折しただけだと思います。

ちなみに、中高の英語学習は話せるのが目標ではなかった

から出来なくて当然です。

話すための学習をやってないだけなので

思い込みのコンプレックスは捨てましょう!

恥かきまくる!これがザ!!解決法!

もうね、見た目は大人なのに、パンパース付けた赤ちゃんという状態

は恥ずかしいもの。話したって『バブー』って感じで通じないのも当然。

でも、人の会話をよーーーく聞いて、たまにbabubabu言って

笑われて、わかんないーーって言って甘えてください。

とにかく恥ずかしい克服は、はずかしい場数をこなすことだから、

インターネットで友達を作っておきながら

babubabu言うのを繰り返してください。

どこかで、外国人の集うパーティーがあれば

何言ってるかサッパリわかんね。と思いながらも

焦りながらも、冷や汗をたくさんで行ってみてください。

そうやって場数を繰り返すと、恥ずかしいとか

いってらんねー!って瞬間が必ずやってきます(笑)。

そうなれば、オバタリアンの出来上がり!!

図々しく、いろんな人に話しかけられるようになります。

私なんて、克服したあと、外国に行っては、見る人見る人に

道を聞いて回り、話力飛躍的に伸びましたよ。

そう考えると、恥ずかしいは進歩の大きな妨げだと思います。

恥かき捨てするには、外国一人旅が一番効果的!

一人でハラハラしながら、自分が手ぶり素振りでも片言でも

話していくと、恥ずかしいとか言ってる暇なし。まじで度胸つきます。

2010年にアーユルベーダの修行にジャイプルに一人で行ったのですが、

旅行に行く前と、後の自分の度胸度500%アップ

立ちションする女性から、ち○こヨガする人や、

スーパー変わってる人たちに出会い、

わたしの辞書から『恥ずかしい』が消えたのは言うまでもありません。

ドイツのトロピカルアイランドで仕事をしたときも

デブだろうが、ちっちゃかろうが、素っ裸な人たちを毎日見ていて

裸ですら、恥ずかしくなくなりました。

ただ、恥ずかしがるのが常識。恥ずかしがるのが可愛い。

いやいやといいながら脱いじゃう

みたいなのが美徳の日本文化の常識を破るのも

恥ずかしい克服にも大切です。

まとめ

  • 出来ないことは恥ずかしいことではない。
  • 誰でも話せるようになると自信をもつ。
  • 想像したらへへへ、、となる目標を持つ。
  • コンプレックスは、教育システムが悪かっただけ。
  • 話せるようになったら話すはご法度!赤ちゃん用語連打すべし!
  • 恥ずかしいのが美徳も幻と知る。
涼子

常識破りたい人におすすめ動画 https://youtu.be/ypTeVihSR5s

語学しようかなあと迷ってる人におすすめ動画 https://youtu.be/nWLDf_AtT4c

モチベーション維持におすすめ動画https://youtu.be/J4NYlXcMLio

お気軽にご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

はじめまして。 ベルリンに住むセラピストの涼子です。25年と約4万件の施術経験から、 独自の『ハイジセラピー』を生み出しました。 それは、『しあわせであること』を重視したセラピーです。  このブログに訪れていただいた方が、 さらに『しあわせ』になれることを目指して運営していきます。